テレジョブは顔出し一切なし!音声通話専門

おすすめテレフォンレディサイト

当サイトではモバイルのライブチャットで特に音声通話で稼ぐ事をテレフォンレディーと表現していますが、形態そのものを明確に立て分けているテレフォンレディ専門のサイトもあります。

その場合はスマホチャトレの様に画像や動画などは一切用意する必要も無く、プロフィールの代わりに伝言メッセージで自己アピールをして男性からの着信を待つというシステムになります。

どちらが稼ぎやすいかというと自分のスタイルに合う方法としか答えられませんが、容姿には全く自信が無く、顔出しの必要がない通話のみの方が気楽と考えるなら専門サイトをおすすめします。

もちろんフリーダイヤルを利用するので電話料金はかかりませんし、電話番号が相手の男性に知られる心配はありません。

テレジョブ

当サイトでもおすすめしているキューティーワークの姉妹サイトで音声通話専門なのがテレジョブになります。

テレジョブは携帯やスマホだけではなく固定電話でも仕事が出来ます。
キューティーワークと同様に通勤と在宅の2種類が選べて(併用も可)もちろん報酬も1,000円での清算が可能です。

通勤の場合も特に面接などは無く、お仕事の説明を受けた後で一日体験も可能です。

また、在宅の場合でも特に顔写真付きの運転免許証やパスポート等の身分証明でなくても普通の健康保険証で登録できます。

音声だけで最大時給3,000円以上が稼げます。

テレジョブの登録はコチラ

ポケットワーク

あまりにも有名なので一度くらいは名前を聞いたことが有るのではないでしょうか?

全国の各地に通勤ルームもあるので通える方はパソコンを持っていなくてもチャットレディが出来ますし通勤の仕事を推奨しない私でもここだけは別扱いです。

特に通勤ルームは都市の中心部にあるためアクセスも良く、少しくらい離れたところからも通えます。

通勤チャットについて勘違いされる方もいますが相手の男性は通勤ルームには来ません。

またルームは完全個室で一人だけの空間になりますからプライバシーは守られます。

稀に小規模経営の通勤ルームではベニヤ板1枚での間仕切りなんて話も聞きますが、ポケットワークの用意する部屋では隣に声が漏れることは有りません。

さらに新人に与えられる特別報酬があり通勤の場合は10,000円、在宅でも5,000円が条件をクリアすれば貰えます。

ポケットワークのメリット

代理店としては業界最大手の老舗で長期間の運営実績があるので安心

24時間サポート

女性スタッフ

通勤は全国に440室もあり予約なしでも仕事が可能

札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡

複数サイトの代理店なので繋がりやすい

採用される年齢層の幅が広く20代はもちろん30代、40代、50代、60代でも歓迎される

通勤テレフォンレディのメリット

家族と同居をしていても気にせずにテレフォンレディが出来る

家族と同居をしていたり一人暮らしでも安い作りのアパートでは声が漏れる心配もありますが、ポケットワークの用意する個室は防音対策もバッチリですから心置きなく大きな声が出せます(笑)

稼ぎ方を教えてくれる

大手の運営であればスタッフのサポートは常識ですが、在宅に比べて通勤のパフォさんはやる気が感じられるためサポートの熱の入れ具合も違います。

1,000円以上の報酬獲得で日払いに対応してくれる。

勤務時間は自由度が効いて深夜や早朝もOK

通勤テレフォンレディのデメリット

在宅に比べると自由度は制限される

在宅テレフォンレディよりも報酬率が低い

遠くからでは交通費が大きい

通勤エリアは限定される

交通費の支給は面接時のみ

 

在宅テレフォンレディのメリット

いつでも好きな時に仕事が出来るのが魅力ω

面接も無く、手続きは簡単なので応募から最短10分でお仕事スタート

出勤の必要は無く通勤に比べて報酬率が高い

最大時給3,900円以上も可能

 

ポケットワークの評判・口コミ・体験談

ポケットワークは環境も体制もしっかりしているので本気で仕事をした方の口コミでは特に致命的な指摘はありません。

しいて言えば通勤の場合は常駐スタッフとの相性が悪かった場合は好き嫌いの問題で居心地も良くないというケースはある様です。

ただし報酬を誤魔化すとか、お客様からのコールを妨害するなどの陰湿な行為は絶対に無いと言えます。

お友達紹介でも報酬ゲット

登録前にもメールや電話で質問できるし丁寧に答えてくれるので安心

登録も簡単だけど退会もカンタンで無理に引き止められることは無い。

オンライン応募と電話応募の2パターン

職場環境が良い。マンションの一室とかじゃなくオフィスビルの中にある。

清潔感があり、前のパフォさんが使用後はまめに清掃している。

入店祝い金がある。ボーナス気分♪

ポケットワークに登録
↓  ↓

通勤と在宅のどっちが稼げるの?

結論から言うと在宅でサイトとの直接契約が一番稼げます。
例えば報酬の面で比較するとサイトと直接契約をした場合は経費を引かれない分高額な報酬になります。

ここで直接契約という説明をするのは通勤にしろ在宅にしろ複数サイトとの間接契約を導入している代理店の業者も多いからです。

代理店の場合は電話はつながりやすい反面、直接契約に比べて報酬は3分の1程度のところが多くコンビニのアルバイトよりは少しましというレベルになります。

男性と話しをするだけとはいえ中にはストレスを感じる相手もいるのに時給換算で1,000円程度ではつまらないですよね!

また通勤ルームの場合は当たりはずれも多く裏社会とつながる経営母体のところもあります。

もちろん全ての通勤ルームがダメとは言いませんし、在宅でテレフォンレディをするのが難しい方もいるでしょうが、その場合は口コミを調べるなど吟味してください。

絶対におすすめ出来ないチャットルームとは?

ポケワクが優れているので通勤ルームについても紹介しましたが、全国各地にある通勤ルームには経営実態が明らかではなかったり、ライブチャットのことなど何も知らずに副業としてマンションの一室を提供しているオーナーもいます。

その場合はもちろんサポートも無いし、管理は行き届いていません。

稼働するサイトが少なければ待機時間だけが無駄に過ぎていきます。

最悪なのは報酬の未払いや脅迫に加えて過激なアダルト行為の強要など、自分達が儲けるためには何でもありの無法地帯です。

 

もちろん全てがそうだとは言いませんが、少なくとも名前で検索して情報が少ないと感じたら敬遠する方が無難です。

また、この様なルームは無届けで違法性のあるところもあり摘発を逃れるためにチャトレの求人募集やテレフォンレディの勧誘はネットや雑誌掲載の広告を使わずに街頭で募集チラシを配ったり、電話ボックスに求人要項を貼ってあるケースもあります。

在宅ではどうしても都合が悪い場合もあるでしょうが、それでも一度は私がマイナーな通勤ルームをおすすめしない訳を参考にしてみて下さい。